糖尿病治療薬の安全使用研修を行いました

糖尿病(2型)は血糖値が高い状態が続くことで様々な合併症を引き起こす生活習慣病の代表格です。
当院でも血糖コントロールが必要な患者さんに対して、患者さんの状態に合わせ多種多様な糖尿病治療薬が使用されています。その中でも代表的な治療薬の一つがインスリン注射です。インスリン注射にも効き方が異なる製剤があり、単体あるいは組み合わせて使用します。しかし、使い方によっては命に関わる重大な事態になりかねません。
そこで、インスリン注射の安全な使用を目的として、インスリン製剤を中心とした糖尿病治療薬の職員研修が開催されました。 続きを読む

新型MRI装置の安全研修会を開催しました

新型MRI装置の安全研修会を開催しました

当院では、最新鋭の超伝導型MRI(1.5テスラ)装置を8月に導入し、3か月が経過しました。高精細な画像により診断にも大いに役立ち、患者さんからも好評をいただいております。

続きを読む

日本褥瘡学会学術内容での発表内容の報告会を行いました

第18回日本褥瘡学会学術集会が9月2日(金)・9月3日(土)に横浜で開催されました。
その一般演題に当院の皮膚・排泄ケア認定看護師が参加し、「A病院における褥瘡発生の要因と今後の課題」と題して発表を行いました。
そこで病棟スタッフを主な対象にした院内勉強会として、発表内容の報告会を行いました。 続きを読む

手指衛生の研修会を開催しました

手指を清潔に保つことは感染予防の第一歩です。感染対策を行うことは病院職員としての重要な使命と言えます。
当院では院内感染防止対策の委員会があり、その活動の一環として、今回は第2病棟と合同で全職員対象の手指衛生研修会が開催されました。 続きを読む